肥大してしまった小陰唇の悩み|コンプレックスは専門家に話そう

痛みがあるケース

女性

小陰唇が肥大しているからといってすぐに健康上に問題が生じるわけではありませんが、痛みがあるならすぐに治療すべきです。大きくなりすぎていると、座った時にも異常が生じる場合があるのです。

もっと見る

受けられる場所

ウーマン

どこで小陰唇肥大を改善するための手術を受けた方が良いのか、事前に調べておきましょう。女性特有の性器のコンプレックスについて専門的に治療をしている婦人科形成外科があるので注目です。

もっと見る

手術の内容

婦人

小陰唇肥大を改善するための手術は、保険が適応されないことも覚えておくと良いです。事前にどんな手術方法があるのかも確認するべきで、切除手術にレーザーを使っているのかどうかも知りたい人は調べてみましょう。

もっと見る

悩みは放置しない

レディ

人には誰にでもコンプレックスがあるものですが、これを受け入れるか、改善していかなければ次々と問題が発生することがあります。性器の問題は特に大きな問題に発展してしまいがちなのです。例えば、小陰唇が人より大きいように感じてしまうと、人に見られたくないという気持ちが大きくなり、大浴場に入れなくなったり、水着を着てプールに入ることもためらわれてしまうこともあります。この「人に見られたくない」という気持ちはセックスしたくないという気持ちを引き起こしてしまいます。そうなると相手は自分を信頼してくれていないと感じることもあり、関係性が破綻してしまうこともあるのです。妊娠や出産を経ると特に小陰唇肥大が起こってしまうこともあるので、出産後のセックスレスにも繋がります。

もし小陰唇肥大に悩んでいるなら、その具体的な解決法を見つけ出すことが大事になってきます。カウンセリングによって精神的な問題を解決したり、手術によって形を理想的なものに変えることもできるので、そういった具体的な解決法を頼りましょう。小陰唇の肥大を始めとする悩みを抱えている人は女性の半数以上にものぼるという結果が出ています。しかしその内手術などを受けた人はあまり多くなく、悩みをいわば放置してしまっている人がいるのが現状です。この中には通常の産婦人科などで病気ではないと断言されてしまったという人もいます。必ず小陰唇縮小手術など、女性器のコンプレックスに関する治療を親身になって行なってくれる病院はあるのです。